大学案内

保育士資格取得特例講座募集要項

開設の趣旨

 認定こども園法の改正(平成24 年8 月公布)により、学校及び児童福祉施設としての法的位置づけを持つ単一の施設として、新たに「幼保連携型認定こども園」が制度化(平成27 年4 月施行)されました。「幼保連携型認定こども園」は学校教育と保育を一体的に提供する施設であるため、その職員である「保育教諭」については、「幼稚園教諭免許状」と「保育士資格」の両方の免許・資格を有することを原則としています。
「幼保連携型認定こども園」への円滑な移行措置として、新たな幼保連携型認定こども園制度施行後5 年間は、幼稚園教諭免許状または、保育士資格のいずれかを有していれば「保育教諭」となることができる経過措置があります。特に、幼稚園または保育所における実務経験が一定以上(3 年かつ4,320 時間以上)ある方については、もう一方の免許・資格取得に必要な単位数を軽減する特例を設けています。
 こうした情勢を踏まえ、本学においは昨年度に引き続きこの特例措置に対応する保育士資格取得特例講座を開講します。なお今年度も幼稚園教諭免許状取得特例講座の開講はありません。

1.受講資格

基礎資格

幼稚園教諭免許状(1種・2種)を有すること。

実務経験

次の学校・施設等における実務経験が3年以上(勤務時間の合計が4,320時間以上の場合に限る)あること。または現在、幼稚園等実務経験対象の職に就いていて、平成32年3月までに要件を満たす見込みであること。(実務経験は複数施設における合算でも可能)

  1. 幼稚園(特別支援学校幼稚部含む)
  2. 認定こども園
  3. 保育所
  4. 公立の認可外保育施設
  5. へき地保育所
  6. 幼稚園併設型認可外保育施設
  7. 認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書が交付された認可外保育施設
    ただし、⑦は次の施設を除く。
    • 当該施設を利用する児童の半数以上が一時預かり(入所児童の保護者と日単位又は時間単位で不定期に契約し、保育サービスを提供するもの)による施設
    • 当該施設を利用する児童の半数以上が22時から翌日7時までの全部又は一部の利用による施設

※勤務している(していた)施設の設置者から実務証明書の発行が可能であることが必要 ※特例制度の詳細は以下の厚生労働省のホームページでご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/hoiku/tokurei.html

2.開講科目

保育士資格取得のための科目

「福祉と養護」(講義・2単位)
「保健と食と栄養」(講義・2単位)
「相談支援」(講義・2単位)
「乳児保育」(演習・2単位)

3.受講定員

各科目40名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)

4.会場

鶴川女子短期大学5号館(東京都町田市三輪町1135)

5.受講料

1科目ごとの場合 25,000円
4科目すべて受講される場合 80,000円

6.交通アクセス

鶴川女子短期大学への行き方は以下のアクセスページを御覧ください。
自家用車での通学を希望される場合、事前登録が必要となります。

アクセスについて

7.申し込み方法

平成27年度 保育士資格取得特例講座募集は終了いたしました。
申し込みの流れ


  1. 予約申込(インターネットで下記手順によりお申込みください)

    1. 本学ホームページの「保育士資格取得特例講座情報」にアクセスします。
    2. 「鶴川女子短期大学教員保育士資格取得特例講座」予約申し込みフォームにより、必要事項を入力後、送信してください。
    3.  予約申し込みを確認後、本学から受講申込書、振込案内を郵送します。

    予約申込期間:平成27年6月5日(金)~7月10日(金)

    ※予約申込が定員を超えた場合、受付期間内であっても受付を終了いたします。
  2. 本申込

    お送りした受講申込書を提出期間内に必要書類を添えて「簡易書留」または「レターパック」 にて郵送してください。
    必要書類
     1. 受講申込書
     2. 幼稚園教諭免許状の写し(記載事項全て)
     3. 幼稚園教諭免許状の氏名と現在の氏名が異なる場合は戸籍抄本の写し
    書類送付先
     〒195-0054 東京都町田市三輪町1135
     鶴川女子短期大学 教務課 保育士資格取得特例講座担当 宛て

    書類提出期間: 平成27年6月12日(金)~7月17日(金)消印有効

  3. 受講料のお振込

    お送りした振込案内の通り受講料を指定日までに銀行からお支払いください。 (振込手数料は各自ご負担ください)。なお、一度納入いただいた受講料は、返還できませんのでご注意ください。

    受講料振込期間: 平成27年6月12日(金)~7月17日(金)

  4. 申込み完了

    受講料の入金確認ができ次第「受講票」「受講の手引き」を郵送いたします。書類が届き次第申込み完了となります。

8.履修認定および証明書の送付

受講後、単位を認定された方には当該講座の「幼稚園教諭免許所有者保育士試験免除科目専修証明書(特例教科目)」を講座終了後1カ月以内に発送します。

9.資格取得手続き

保育士資格の取得は、保育士試験事務センターが実施する保育士試験を受験、合格して、保育士登録の申請することが必要になります。今回の特例科目の単位修得により科目免除申請を行う ことで全科目の受験が免除されます。
免除申請を行うためには所定の単位を修得後、以下の①および②の書類が必要になります。

  1. 実務に関する証明書(実務証明書)・・・勤務した施設等が発行
    ※認可外保育施設では別途「施設証明書」が必要になります。
  2. 幼稚園教諭免許所有者保育士試験免除科目専修証明書(特例教科目)・・・単位を修得した大学が発行

10.鶴川保育園「どんぐりはうす」のご案内

短大の附属施設である鶴川保育園「どんぐりはうす」では一時預かり保育を受付けています。
0歳児~小学校入学前の乳幼児が対象です。ご希望の方には“園のしおり”をお送りいたします。

11.講座内容

特例教科目名 福祉と養護(講義・2単位)
講座内容 本講座は、「福祉」の部と「養護」の部の2部構成となり、それぞれの講師が授業を行う。
社会福祉は国民の生活を守るうえで必要不可欠な社会保障制度の一翼を担って、人々の生活を守る大きな役割を果たしている。福祉の部では、現在の社会福祉制度がその役割を十分担っているのか、現在の社会福祉の意義や理念、制度や施策、課題などについて学習する。
養護の部では、虐待や家庭の崩壊など様々な理由により社会的支援を受ける子どもたちの現状を学び、子どもたちを取り巻く歴史的な環境の変化と子どもの養護の歴史について理解を深めることとする。
講師 竹内マヤ子(本学教授)、小川一幸(本学非常勤講師)
特例教科目名 保健と食と栄養(講義・2単位)
講座内容 本講座は、「保健」と「食と栄養」の2部構成となり、それぞれの担当講師が授業を行う。
少子化・核家族化の現在社会の中で、子どもの心身の発達・成長を促し健康を保つことは、保育に携わる者として保育活動の原点である。そこで、「保健」の部では、子どもの身体の生理・運動・精神的機能の基本的な学習をする。そのうえで、保育環境や衛生・安全管理を理解する。そして、個々の子どもの健康状態に応じた保健活動を実践するための、基本的知識・資質・能力の向上を目指す。
「食と栄養」の部では、乳幼児期の栄養を、食べる機能と消化吸収機能の発達に基づき理解する。子どもを取り巻く食生活の現状と課題を知り、配慮の仕方を学ぶ。また、求められている食育の在り方、方法を考える。
講師 石田ひろ子(本学非常勤講師)、田中芳子(本学非常勤講師)
特例教科目名 相談支援(講義・2単位)
講座内容 本講座は、「保育相談支援」の部と「家庭支援」の部で構成される。
保育の現場で今、何故保護者への相談支援が保育者に求められるのか、「保育相談支援」の部では、その背景や要因について理解した上で、集団保育の場の特性と保育者の専門性を活かした支援、保護者支援における基本的な留意事項について学習する。さらに具体的な事例を織り交ぜながら、相談支援の方法や技術、専門機関との連携などについて学び、保護者が子育てに喜びを感じられるような<保育者の支援の在り方>について理解を深めていく。
「家庭支援」の部では、家庭支援が求められる社会的背景について考察する。人間が生活を営む最小単位としての「家族」は、時代や地域によって流動的なものであり、多様性を持つものである。日本において戦後、社会保障制度が確立する時代においてモデルとされた家族像と現代における家族の実態に差異が生じた結果、子育てをめぐる様々な現代的な課題が生じている。社会構造の変化から家庭支援が必要とされる根拠を理解し、家族支援に対する多角的な理解を深めることを学習のねらいとする。
講師 柴田啓一(本学専任講師)、平岩由美子(本学非常勤講師)
特例教科目名 乳児保育(演習・2単位)
講座内容 2015年4月から『子ども・子育て支援新制度』が実施され、地域型保育事業への期待が高まる中、保育士や家庭的保育者の位置づけも益々重要になってきた。
 当科目では主に①保育者と保護者、地域社会との直接的な関わりの重要性、②乳児を取り巻く社会、文化、子育て支援における乳児保育の意義、③過去から積み上げられてきた育児・保育文化、④月齢、年齢ごとの発達過程を中心に学習を進めていく。乳児保育の歴史的変遷から現代の保育の意義、これから作り上げようとしている保育文化を視野に入れ、乳児の健やかな育ちを支えていくことを学習のねらいとする。
講師 松本佳子(本学非常勤講師)

時間割案

  1時限
9:10~10:40
2時限
10:50~12:20
3時限
13:00~14:30
4時限
14:40~16:10
8月19日(水) 相談支援①平岩 相談支援②平岩    
8月20日(木) 福祉と養護①小川 福祉と養護②小川 保健と食と栄養①石田 保健と食と栄養②石田
8月21日(金) 乳児保育①松本 乳児保育②松本 保健と食と栄養➂石田 保健と食と栄養④石田
8月22日(土) 乳児保育➂松本      
8月24日(月) 福祉と養護➂小川 福祉と養護④小川 乳児保育④松本 乳児保育⑤松本
8月25日(火) 相談支援➂平岩 相談支援④平岩 保健と食と栄養⑤石田 保健と食と栄養⑥石田
8月26日(水) 相談支援⑤平岩 相談支援⑥平岩 保健と食と栄養⑦石田 保健と食と栄養⑧石田
8月27日(木) 福祉と養護⑤小川 福祉と養護⑥小川    
8月28日(金) 乳児保育⑥松本 相談支援⑦平岩 保健と食と栄養⑨石田 保健と食と栄養⑩石田
8月29日(土) 乳児保育⑦松本 相談支援⑧柴田 相談支援⑨柴田  
8月31日(月) 乳児保育⑧松本 乳児保育⑨松本 福祉と養護⑦小川 福祉と養護⑧小川
9月5日(土) 乳児保育⑩松本 福祉と養護⑨小川 福祉と養護⑩小川  
9月12日(土) 福祉と養護⑪竹内 福祉と養護⑫竹内 保健と食と栄養⑪田中 保健と食と栄養⑫田中
9月19日(土) 乳児保育⑪松本 保健と食と栄養⑬田中 保健と食と栄養⑭田中  
9月26日(土) 乳児保育⑫松本 保健と食と栄養⑮田中    
10月3日(土) 相談支援⑩柴田 相談支援⑪柴田 福祉と養護⑬竹内 福祉と養護⑭竹内
10月24日(土) 乳児保育⑬松本 福祉と養護⑮竹内 相談支援⑫柴田 相談支援⑬柴田
10月31日(土) 乳児保育⑭松本 乳児保育⑮松本 相談支援⑭柴田 相談支援⑮柴田
※時間割は変更する場合があります。
募集要項PDFダウンロード
平成27年度 保育士資格取得特例講座募集は終了いたしました。