就職進路情報

卒業生の声

就職決定者メッセージ

松永 美穂 さん

就職先:社会福祉法人 たけのこ第二保育園

松永 美穂 私は就職に大きな不安を持っていました。高校生活は怠けていたために、大学に入ってから教わることが数多くありました。以前は先生とあまり話し合ったりしなかったのですが、就職活動が始まると、分からないことや不安が出てきます。そんな時は担任の先生や学生支援室で相談し、不安を取り除くことが出来ました。就職決定までの流れは、まず資料を集めて電話をし、見学に行き、提出書類を準備して、面接の練習をしてから当日を迎え、最後に結果となります。内定をいただいた場合、学校や家族、友人などお世話になった人達にお礼を言います。就職活動中は、周囲の人々に感謝することがいろいろあります。感謝の気持ちはたくさん伝えてください。それは、面接を受ける園、見学する園に対してももちろん同じです。いろいろと就職決定までの道程を説明しましたが、重要なのはやる気と感謝する気持ち、笑顔だと思います。
小林 愛 さん

就職先:相鉄アメニティライフ株式会社 そうてつ保育園 GENKIDS

小林 愛 私は相鉄アメニティライフ株式会社が経営する「そうてつ保育園」に就職が決まりました。経営母体がしっかりしていることが大きな魅力でした。9月はじめに大学あて施設見学のお知らせが届き、採用試験前に実際の保育所の施設やスタッフ、子どもの様子、雰囲気などを感じる、園見学という機会を与えていただきました。企業・保育所概要説明、施設見学、質疑応答を経て納得して受験することができました。
大島 沙織 さん

就職先:社会福祉法人 相模福祉村

大島 沙織 いとこの子どもとの関わりの中で、子ども達の成長に携わる事の出来る保育者になりたいと思い、短期大学への受験を決めました。短期大学では専門教科を学び、実習では実際の保育に触れ、様々な経験をしました。3回目の実習は知的障害者施設での実習となり、不安がありましたが、実習が始まると「利用者の方を知りたい」という思いになり、施設で働きたいと思うようになっていました。就職活動では多くの求人票の中から施設を探し、学生支援室のサポートのもと、自分に合う施設を見つける事ができました。自分が本当にやりたい事が見つかり、この春から子ども達と関わりながら成長していきたいと思います。

就職決定者(社会人入学生)メッセージ

金丸 絢美 さん

就職先:横川幼稚園

金丸 絢美 私は、体育会系の大学に進学しましたが合わないことが分かり、中退する決心をしました。その後、アルバイトをしながら色々考えていたところ、母が働く保育所の行事を見に行ったり、参加したりする機会がありました。そこで見た子ども達の笑顔や、何事にも一生懸命に取り組む姿はとても印象的でした。その頃から保育者になりたいと思うようになりました。そのような時に本学のパンフレットで、社会人入学生のメッセージを読みました。私と同じような思いの先輩がいらっしゃることを知り、まず飛び込んでみようと思いました。入学後は、年齢が違う同級生とも目標が同じということもあり、すぐに打ち解けることができました。本学では、経験豊かな先生方の貴重な授業が多く、また実習を通して色々な体験ができます。何より私は、自分に何が合っているのかを見つけることができたと思っています。