受験生の方

保育英語検定

保育英語検定

保育英語を習得すると
採用のチャンスや手当の追加、
そして活躍の場が広がります

保育英語とは、乳幼児及び保護者の方とあるいは保育者同士で、保育・養育の場面や連絡・交流を行う際に必要な英語をいいます。これらの活動に必要な英語はコミュニケーションが中心ですので、同じ英語を学習するといっても、中学・高校で学習する英文読解や英文法を中心とした「スクールイングリッシュ」とは異なった面での学習となります。また、英会話教室で「文法や単語をある程度知っている」ことを前提として学習する英会話とも、重複する部分もありますが、これから新しく言葉を習得していく乳幼児に焦点をあてている保育分野の英語という点で異なります。
また、保育英語は、乳幼児に語り掛け、言葉の習得を手助けする英語ですから、日本語も同様ですが、愛情と優しさに溢れた表現を楽しく習得できる英語でもあります。ステキな表現と出会える英語―それが保育英語でもあります。

就職にも有利な保育英語検定

保育英語検定とは?

保育現場でよく使われる会話に着目した英語検定

平成23年度より小学5・6年生で「外国語活動」が必修化され、早期から外国語に慣れ親しむ教育が進んでいる中で、話題になっているのが、保育英語検定(保育英検)です。
この検定は、社会の国際化に対応していける幼稚園の先生や保育士を養成するために2011年からスタートした新しい資格試験。

「保育英語検定」は、この保育英語をどれくらい習得できたかを審査する検定です。
審査は、習得できたレベルにより、入門レベルの5級からネイテイブスピーカーレベルの1級まで6レベル(2級と1級の間に準1級レベルがあります)で行います。 上級レベルの準1級と1級には、2次試験として保育英語を使った実技試験を行います。
英語教育を導入していますか?

大手通信教育会社の調査では私立幼稚園
では半数以上の割合で英語教育が導入
されているというデータもでています。

世界はどんどん国際交流が広がっていき、日本で生活する外国人も増えてきています。これに伴い、普通の認可園や幼稚園にも外国人乳幼児の入園が増えています。外国人乳幼児の保護者は日本語が十分に理解できないことが多く、コミュニケーションツールとして英語が必要となります。
保育英語検定とは? これは、外国人受け入れを主とする「インターナショナルプリスクール」のお話ではなく、どこにでもある普通の認可園や幼稚園のお話です。
折角、新たに採用するなら、レベルは多少異なっても保育英語に関心をもっている保育士・幼稚園教諭を採用しよう とする園が急増しているのは、ここに理由があります。
このような園では、入職後も保育英語の学習を継続できるよう、定期的にネイテイブの講師による講習を行ったり、保育英検受検料を園が負担して団体受験を実施されたりするという取組をされています。
待遇面でも資格手当の制度化や定期的な海外研修制度を導入しています。

資格手当アップも

資格手当の金額は園によって異なりますが、概ね保育英語検定3級の資格取得で3,000円、2級以上の資格取得で5,000円~10,000円が毎月、加算される園が多いです。
さらに、保育英語検定の準1級以上の資格者となると、多くのネイテイブスピーカーの先生方と一緒に園内活動を全て英語で行う「インターナショナルプリスクール」での活躍が出来るようになります。
(保育英語検定協会談)

検定合格で単位認定されます

鶴川女子短期大学では、保育英検を含む英語検定試験の資格取得者に対して級やスコアに応じて英語科目の単位を認定する制度や受験料補助、個別試験対策講座があります。