鶴川女子短期大学 TSURUKAWA COLLEGE鶴川女子短期大学 TSURUKAWA COLLEGE

学校案内INTRODUCTION

2019年度教員免許状更新講習

免許更新募集要項

2019年度教員免許状更新講習募集は終了いたしました。

はじめに

平成19年6月20日に「教育職員免許法」が改正され、平成21年4月より教員免許更新制が導入されました。
教員免許更新制は、その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教育の場において指導し、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。教員免許状を更新するためには,修了確認期限前の2年間において、大学などが開設する 30 時間(必修講座 6 時間、選択必修講座 6 時間、選択講座 18 時間)以上の免許状更新講習を受講・修了し た後、免許管理者に申請して修了確認を受けることが必要です。
>> 文部科学省のホームページはこちら

受講資格

免許状更新講習を受講できる方は、 昭和30年4月2日~昭和31年4月1日、昭和39年4月2日~昭和41年4月1日、昭和49年4月2日~昭和51年4月1日、昭和 59年4月2日以降の生年月日の旧免許状所持者(平成21年3月31日以前に教員免許状を授与された方)及び新免許状所持者(平成21年4月1日以降に教員免許状を授与された方)で10年後の年度末に有効期限の満了日を迎える方で、普通免許状又は特別免許状を有し、かつ、以下に該当する方です。
(1) 現職教員(校長、副校長、教頭を含む。ただし、指導改善研修中の者を除く)
(2) 実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員、養護職員
(3) 教育長、指導主事、社会教育主事、その他教育委員会において学校教育又は社会教育に関する指導等を行う者
(4) (3)に準ずる者として免許管理者が定める者
(5) 教員採用内定者
(6) 教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リストに登載されている者
(7) 過去に教員として勤務した経験のある者
(8) 認定こども園及び認可保育所の保育士
(9) 幼稚園と同一の設置者が設置する認可外保育施設に勤務する保育士

制度に関する詳細は、文部科学省HPをご覧ください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/index.htm
なお、文部科学者HPにて修了確認期限がチェックできます。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/003/index1.htm

開講日程

2019年8月1日(木)、2日(金)、3日(土)、5日(月)、6日(火)
時間:9時~16時10分

講習内容

Aコース、Bコースのどちらかを選択してください。

表を左にフリックしてご覧ください。左右にスワイプ

  必修講習
6時間
選択必修講習
各6時間
選択講習
コース別 各18時間
Aコース
計30時間
(A・B合同)
幼児教育の最新事情
国際理解及び異文化理解教育 (A・B共通)
◎保育を巡る近年の状況についてⅠ
・園、家庭及び地域における連携協働
・保育現場における危機管理(安全教育)
◎保育を巡る近年の状況についてⅡ
・養護の視点で保育を考える
保育内容(環境)Ⅰ
・植物から見た環境
保育内容(表現)
・植物素材の造形表現
音楽表現Ⅰ
・うた研究
保育における英語活動
・楽しい保育英語
Bコース
計30時間
(A・B合同)
幼児教育の最新事情
教育相談
(いじめ及び不登校への対応含む)
(A・B共通)
◎保育を巡る近年の状況についてⅠ
・園、家庭及び地域における連携協働
・保育現場における危機管理(安全教育)
◎保育を巡る近年の状況についてⅡ
・養護の視点で保育を考える
保育内容(環境)Ⅱ
・子どもの健康と室内空気汚染
保育内容(言葉)
・昔話絵本の探究
音楽表現Ⅱ
・合奏
保育の情報化
・指導におけるICT活用
・情報モラル教育
<講座概要>
(必修講習)A・Bコース合同 計6時間
「幼児教育の最新事情」
◎子どもの生活の変化を踏まえた課題
◎国の教育政策及び世界の教育の動向
◎子どもの発達に関する脳科学、心理学等における最新の知見
◎教員としての子ども観、教育観等についての省察
(選択必修講習)A・Bコース別、いずれかを選択して受講 各6時間
Aコース
「国際理解及び異文化理解教育」
グローバリゼーションの進展に伴い、日本の社会とは異なる生活習慣及び行動様式を携える外国にルーツを持つ子どもや海外で生活をした子どもの在園が増えている現実がある。加えて、多様性を受け入れ認め尊重し、世界の中で生きる生涯学習者となる基礎を育む幼児教育のあり方が問われている。本講義では、学校教育に繋がる心の土台の形成を含み国際理解、異文化理解の視座から学びあうこととする。
Bコース
「教育相談(いじめ及び不登校への対応を含む)」
子どもの健全な成長を支援するための教育相談の理論と実際を学ぶ。また、子どもに関する現代的な問題(いじめ、不登校、虐待など)のメカニズムをひも解き、教育相談の意義を理解する。その上で、保育者や教師に求められる対応の基礎(カウンセリングマインド、保護者対応を含む)について、事例検討やワークを通して体験的に学び、現場で使える教育相談力向上を目指す。
(選択講習)A・Bコース別、いずれかを選択して受講 各18時間
「保育を巡る近年の状況についてⅠ」 A・Bコース共通
・園、家庭及び地域における連携協働
・保育現場における危機管理(安全教育)
「保育を巡る近年の状況についてⅡ」 A・Bコース共通
・養護の視点で保育を考える
Aコース
「保育内容(環境)Ⅰ」植物から見た環境
光合成をする植物が生き物の命をはぐくんでいる。たたき染め法を活用したデンプンの検出および葉のたたき染め(和紙はがき)を実践する。 “草花のたたき染め(1.5時間)”+“色ペンアートで楽しむ(1.5時間)”
「保育内容(表現)」植物素材の造形表現
自然の中で育つ「植物」と、その生命の土壌となる「土」の力を活用した造形体験をおこなう。幼児期には知覚を育てる身体をともなった体験が大切となる。子どもたちの生活や文化を踏まえて「学ぶ」ことの意義や意味について考察・検証していく。
「音楽表現Ⅰ」うた研究
本講義では「声やうたを介した表現活動の楽しみを味わう」事を目的としている。演習を通して、無理のない発声法を学び、うたに込められたメッセージや文化を理解した表現、また様々なアンサンブル形態で音の重なりや響きを体験する。
「保育における英語活動」
この講座では自分の勤務先で使える英語の絵本や歌などの活動を紹介する。講習は日本語で進めながら、英語教育論や第二言語習得論などをちょっと触れてから、現在の日本の英語教育を短く紹介する。さらに、園での英語教育のあり方と教え方を話し合い、講習の中でお互いに英語の活動を体験しながら学んでいく。
Bコース
「保育内容(環境)Ⅱ」子どもの健康と室内空気汚染
小さな子どもほど室内で過ごす時間は多く、その空気汚染は大きな影響を及ぼすと考えられる。どのような汚染物質があるのか、特にホルムアルデヒドについては実験で確かめ、健康・安全の観点から対策を考える。
「保育内容(言葉)」昔話絵本の探究
・言葉遊び絵本の紹介
・保育における絵本の活用について
・昔話と昔話絵本
「音楽表現Ⅱ」合奏
環境を生かし、自然物を取り入れた音楽表現「合奏」を試みる。さらに身体表現によって音 楽の特徴や構造の理解を深めていく。
「保育の情報化」
この講座では「情報教育」の基本を概説し、「保育内容の指導におけるICT活用」「校務の情報化」を中心に実践的な事例の紹介と具体的な授業づくりの演習を行い、保育・教育現場での情報化のレベルアップを図っていく。保育・教育現場における「情報モラル教育」についての知識についても再確認する。

募集定員

Aコース:80名
Bコース:80名

申込受付期間・申込の流れ

予約受付日:
2019年5月16日(木)9時 より 満員になり次第終了(先着順とさせていただきます)


予約方法 :
ホームページからの予約受付となります。 (電話による受付はできません)

申込の流れ:

  • 1本学ホームページの「免許状更新講習情報」にアクセスし、鶴川女子短期大学教員免許状更新講習申込フォームに入力し送信してください。
  • 1予約ができたかどうかの結果を5月23日以降に順次送信いたします。 (応募者多数の場合は抽選を行います。)
    携帯から申込みの場合、@meisen.ac.jpのメールが受信できるようにしてください。
    予約後10日間以上結果が送信されない場合はお問い合わせください。(鶴川女子短期大学 免許更新室 044-986-9111)
  • 1予約完了メールを受信した方は下記の書類を作成の上、本学へ郵送してください。
    「免許状更新受講申込書(2019年度)」
    「教員免許状更新講習事前アンケート」

    上記の書類は5月23日以降ホームページ上に掲載します。ファイルをダウンロードしてご記入ください。なお、申込書類一式を郵送で希望される方(ダウンロードして印刷できない等)は連絡してください。また、受講申込書について、 写真の貼付、証明者記入欄には幼稚園等の勤務先の公印での捺印が必要となります。
  • 1申込書をお送りいただいた後、受講資格(年齢・募集対象等)を確認後、受講料の振込案内を通知します。受講料は、本学が指定する日までに銀行からお支払いください。
※予約受付について、応募多数の場合は抽選とさせて頂きます。
※原則キャンセルは受け付けておりませんが、やむを得ずキャンセルされる場合は必ずご連絡ください。
※Aコース、Bコースの人数に偏りが生じた場合、コースの変更を行う場合があります。

受講料

必修講習  6時間    8,000円
選択必修  6時間    8,000円
選択講習  18時間   24,000円
合計          40,000円

受講料の返還

自然災害等、又本学の都合による講習の中止の場合は返還いたします。
免許状更新講習前日以降に受講者の都合によりキャンセルが発生した場合は、返還できません。
講習開始日前々日までのキャンセルの申し出については、教材の準備で用意した物品の費用を差し引く場合があります。

講習会場

鶴川女子短期大学 講義室 (アクセスについてはホームページでご確認ください。)
なお、今年度はキャンパス建築中のため駐車場がございません。公共交通機関をご利用ください。

お申込み受付は終了しました

鶴川女子短期大学教員免許状更新講習の受講が可となった方(随時お知らせしています)は下記の用紙をダウンロードし、ご記入いただいたものを6月18日(火)必着でお送りください