鶴川女子短期大学 TSURUKAWA COLLEGE鶴川女子短期大学 TSURUKAWA COLLEGE

学校案内INTRODUCTION

教員紹介

教員紹介

福田 泰雅Yasumasa Fukuda

講師

職 位
講師
学 位
学士(文学)
専門分野
保育内容、保育方法
研究テーマ
プロジェクト・アプローチによる保育
所属学会
日本保育学会
主な担当科目
保育内容総論、保育実習指導Ⅱ、保育相談支援、保育とアート(専攻科)
教育活動
 保育内容総論では、保育の内容について原理や社会的状況及び具体的な保育方法について、テキストを中心とし理論だけではなく保育をよりイメージしやすいよう、保育の実践事例などを紹介しながら解説している。また、動画による子どもの姿の評定など、子どもの姿の読み取りから保育の内容に至るまでの考え方の実際を学生と共に考えるよう努めている。保育実習指導Ⅱでは実習における様々な場面等について模擬実習などにより、具体的に保育の場面を想定しながら進める。保育相談支援は保護者や地域での子育てや保育に関する様々な問題について学び、相談支援の在り方について原理と実践的な支援場面を想定して行う。保育とアートでは、人間の発達とアートの関係、科学性や環境、人としての願いなど、表現と子どもの生活や遊びとの結びつきを保育として実践するための考え方などを考える。
研究活動
 現代は様々な分野が細分化されて全体像を見失い、様々な問題となっているが意識されていない。保育についても実践と理論や研究の乖離が放置されている。二項対立に陥らず、関係性の中で応答し合い学び合う保育方法としてプロジェクト・アプローチによる保育がある。しかしながら未だ誤謬も多く、理論や実践についても不明な点が多い。これらについて子どもを中心とした学びとして位置付け、新たな保育の世界として拓くための研究を行っている。
社会的活動
プロジェクト・アプローチによる保育の研究会を自主開催して、全国より参加した多くの研究者や保育実践者などと研究を深めている。社団法人全国私立保育園連盟の総務組織部長、子ども子育て研究機構研究企画委員等を歴任。
主要業績
『保育のなかのアート』共著 小学館
『保育原理』共著 光生館
現在まで、プロジェクト・アプローチによる保育、環境による保育、保育評価等に関する講演、執筆を多数行っている。