鶴川女子短期大学 TSURUKAWA COLLEGE鶴川女子短期大学 TSURUKAWA COLLEGE

受験生の方FOR EXAMINATION

授業紹介

授業紹介

生活と科学 教授 入江 和夫

健康で安全な生活は誰もが望んでいることです。子どもの身の回りを見渡してみると、転倒、誤飲、やけどなどの事故が多発しています。保育者は子どもの発達過程による事故例を理解するとともに、環境を整えることが求められています。
この授業では、学生自身の理解深化をはかり、また子ども自身が危険を回避できるような教材づくりを行います。
小さな子どもほど室内で過ごす時間は多く、室内空気汚染の関心を高めることは、保育者として重要です。カビ・ダニ・化学物質などがその汚染源として知られていますが、ここでは特に発がん性の化学物質、ホルムアルデヒドの室内汚染について実験を通して理解するとともに対策を考えます。
食事は生きる源ですが、食中毒が毎年、発生しています。
特に幼児は病原菌に対する抵抗力が弱いため、注意が必要です。中毒をいかにして避けるかについて調理実習を通して理解します。

英語コミュニケーション 講師 Mary Jones

グルーバル化が進む現在の社会では、身近なところで英語が必要になる場合があります。中学校の英文法を身につけることで、日常英会話の9割がカバーできます。ほんじゅぎょうでは、基本の英文法を復習しながら、テーマ別に英会話や保育に関連する英語を学びます。各授業の最後にこどもに接する時に役立つ英語のゲームや歌、絵本などを紹介します。