鶴川女子短期大学 TSURUKAWA COLLEGE鶴川女子短期大学 TSURUKAWA COLLEGE

ピックアップPICK UP

ピックアップ

土粘土を使った幼稚園児との研究活動報告

2018/09/13 9:03 学校の様子研究報告

土粘土を使った幼稚園児との研究活動報告

8月下旬の金曜日に、鶴川幼稚園の園児さんに協力してもらい、土粘土を使った研究活動を行いました。
当日は、屋外での活動も考えておりましたが、台風の影響で雨、加えて真夏の猛暑日でとても暑い日でしたので、保育室内にて土粘土遊びを行いました。

幼稚園の先生方は、もちろん保育のお仕事中でしたが、そんななか先生方や学生にもご協力、お手伝いいただきながら、無事研究活動を行うことができました。
研究活動を行うさい、すぐに協力してくれる先生や園児がいるのも附属園があるステキなポイントの1つですね!

課題1 「土粘土で〇△□のお山をつくろう。」


1 〇をつくってやまにする。

2 □をつくってやまにする。

3 △をつくってやまにする。

4 山を崩さないように順番に団子を取っていくゲームであそぶ。

5 それらを組み合わせて製作する。



【その後、組み合わせて自由に製作】

  

子どもたちの様子はこんな感じでした!





課題2 「基本形でおともだちの表情をつくろう。」


これについては、課題1において遊びの進んでいる子ども(特に年長児)に伝えた製作です。

■粘土の基礎
1 だんごをつくる。(点)

2 ひも(へび)をつくる。(線)

3 板状(せんべい)にをつくる。(面)

4 組み合わせて表情をつくる



子どもたちはみんな楽しんでいました。面白い発見や、遊びの発展が随所に見られたので、その詳細は研究発表の際に動画で紹介していきたいと思います。

今回の研究活動「土粘土遊び」については、11月24日(土)に行う第2回国際こども教育研究フォーラムにて発表予定です。
ご興味のある方はぜひご参加ください。お申し込みは申込フォームからお申し込みください。
第2回国際こども教育フォーラムについては、こちらのページにございます。

海外フィールドワークⅠ<カナダ>に行ってきました♪

2018/09/11 3:41 学校の様子授業紹介

海外フィールドワークⅠ<カナダ>に行ってきました♪

選択科目「海外フィールドワークⅠ」で1年生がカナダに行ってきました!
海外フィールドワークⅠ<カナダ>2018をご紹介します♪

1日目:8/6(月)カナダ バンクーバーへむけて羽田空港を出発!離陸前からワクワクウキウキ♪

飛行機に搭乗し、羽田空港を離陸。少しゆれたけれど快適な空の旅でした♪



無事バンクーバーに着きました!現地で引率してくれる先生と合流し、宿泊先へ向かいます。


2日目:8/7(火)現地を散策♪協定校Sprott Shaw Collegeと図書館を訪問♪

今日は朝からオリエンテーション。滞在中の心得と翌日以降のスケジュールを確認しました。その後は歩いてダウンタウンを散策しつつ、本学の協定校であるSprott Shaw Collegeにいきました。学長先生のご挨拶、本校ご担当のたかこさんから学校のご案内をしていただきました。

  

専攻科(3年生)の夏休みに、協定校の5週間プログラムに参加します。将来、また学びに来る学校・・・と、学生もしっかりとお話を聞いていました。

協定校へいったあとは、図書館を訪問。かわいい絵本がずらりと並んでいました。天井からはドラゴンが!

  

お散歩中に、おいしいお店も見つけました♪

3日目:8/8(水)サイモンフレーザー大学(SFU)、そして附属園の視察に行きました

今日はSFUに、公共バスにのっていきました!



附属園では2つのグループに分かれて、すべての乳幼児クラスを見学。説明をうけ、質疑応答しながら進みます。

  

見学後、改めて保育理念、プロジェクトの展開、保育士養成についてのお話を、ディレクターさんから伺いました。室内にカーペットやソファーがあったり、日本とは異なる壁面の装飾が施されていたり、屋外の環境の違いにも驚きました。



4日目:8/9(木)ブリティッシュ・コロンビア州立大学(UBC)、そして附属園の視察に行きました

今日もUBCには公共バスでいきました。



路上にUBCのモニュメントがありました♪

  

UBC内の新渡戸稲造記念庭園を訪れ、カナダでの日本文化の表し方を体験しました。

日本を離れてまだほんの数日なのに、日本らしい庭園に少しほっとしました。

  

昼食をはさみ、午後は附属園の視察。専攻科の卒業生で現在カナダでがんばっている先輩が駆けつけてくれて、一緒に視察しました。

  

昨日と同様、環境とのかかわりについて学びました。危険を回避するのではなく、どのように向き合っていくか、危険について経験から学ぶというお話を聞き、自分が保育者になったときのことを考えるよい機会になりました。

先輩のがんばっている姿に、将来学びたい、学び続けたいと刺激を受けました。

5日目:8/10(金)Child Care Resource Center(CCRC)を訪問♪

CCRCは、保育者、保育専攻学生及び子育て者のためのリソース・センターです。センターにある図書やゲーム、パペット、楽器にふれる経験をしました。バンクーバーブリティッシュコロンビア州の保育士さんも不足しているそうで、お話してくださった保育士さんも熱が入っていました。

  

午後はチャイナタウンの散策。チャイナタウンで食べたお饅頭はとてもおいしかったです!

  

6日目:8/11(土)ノース・バンクーバー散策、Buddings Children’s Garden & Daycare訪問・視察

バスとフェリーでノース・バンクーバーへ。教材のお店や、アート&クラフトのお店などを訪問しました。バンクーバーならではの「サーモンバーガー」もありました♪

  

午後はBuddings Children’s Garden & Daycareの視察。一時預かりの保育の理念と制度について、保育内容(プロジェクトアプローチ)について、現地で働く日本人保育士さんからお話いただきました。一時預かりや登録制のあり方についても日本との違いを学ぶことができました。「かっこいい」「あこがれる」など、同じ日本人の方が海外で活躍している姿を見て感化されたようです。

  

また、子どもの文化背景やアレルギーを持つ子どもへの配慮、オーガニックの食育のあり方についても学ぶことができました!

7日目・8日目:8/12(日)、8/13(月)帰途へ・・・

楽しかったカナダでの日々も今日が最後。午後には飛行機にのって日本に帰国します。現地で引率してくださった先生とも今日でしばしお別れ。フレンドリーな先生なだけに、お別れはとても寂しいです。

  

帰りの飛行機も大きな揺れもなく、快適な空の旅。予定よりも30分ほど早く日本に到着しました!解散式を行い、それぞれ自宅に戻ります。



引率してくださった先生方、現地で学生にむけお話をしてくださった先生方、協定校のスタッフの皆様、ありがとうございました。

今回の8日間の研修で感じたことや学んだこと、考えさせられたことはたくさん。今後の学びにつながりそうですね。